不規則な食生活とむし歯の関係

不規則な食生活はむし歯の原因になります!

「ダラダラ食べ」や「間食」はダイエットの大敵。でも、それだけではありません。不規則な食生活が続くと、むし歯にもなりやすいんです。さて、そのメカニズムは…?「ダラダラ食べ」や「間食」とむし歯の関係を知って、むし歯予防の第一歩を踏み出しましょう!

 

実は食事のたびにむし歯になっています

食事をすると、食べ物に含まれる糖質により、わずか3分ほどでむし歯菌が歯の表面を溶かしはじめます。これを「脱灰(だっかい)」といいます。しかし、しばらくすると、今度はだ液の作用により溶けた表面が再び修復されていきます。これを「再石灰化」といいます。

 

 

歯の表面はこのように「脱灰」と「再石灰化」を繰り返しています。つまりこれは、むし歯になったり、治ったりを繰り返している状態です。

しかし、「脱灰」が進みすぎると、だ液の力では修復することができなくなり、やがて歯の内部まで溶け出します。こうなると歯科での治療が必要になってしまいます。

 

不規則なダラダラ食べがむし歯を引き起こす

このように、お口の中では「脱灰」と「再石灰化」が繰り返されています。しかし、ダラダラ食べていたり、間食などが多いと「脱灰」ばかりが進むようになり、治療が必要な「むし歯」になりやすいのです。

 

むし歯になりにくい食生活のポイント

そこで、日常生活でむし歯を防ぐには次の3つが非常に有効です。


熊谷市・江南地区の篠原歯科医院までお気軽にご相談ください。

お電話